めりーさんの高反発枕はストレートネックの人には良いの?

めりーさんの高反発枕ストレートネック

ストレートネックだと診断された人は、どの枕を使って寝るのが良いのかと心配になったりするものですが、実はそれに正解はありません。

なぜなら、枕の硬さの好みや、合う合わないは個人差があるからです。

もっとも、めりーさんの高反発枕がストレートネックに良いという口コミもありますが、これもその人が単にあっているだけで、あなたがめりーさんの高反発枕を利用すると、もしかしたら合わないかもしれません。

「ストレートネックだからこの枕にしないといけない」という決まったものはなく、枕は自分にあったものを選ぶ事が大切です。もちろん、諸々の条件を満たした枕を選ぶことは必要ですね。

めりーさんの高反発枕はどうしてストレートネックの人に人気があるの?




ではなぜ、めりーさんの高反発枕が人気なのでしょうか?

それは、めりーさんの高反発枕が特別にストレートネックの人に人気があるという訳ではなく、利用者の中にストレートネックの人が多いから、と言った方が適切なのかもしれません。

もっと言えば、日本人にはストレートネックの人が圧倒的に多いからで、最近では若い人や、高校生などにもストレートネックが見られるようになってきました。ですから割合的な問題ですね。

めりーさんの高反発枕は確かに人気で大変売れています。

ですから気になって口コミや評判を調べる方も多いのですが、もちろんストレートネックの症状で悩んでいる方にもおすすめできる枕です。

なぜ人気があるのかはこちらのページでも紹介しているのですが、まずはしっかりとした高品質の高反発素材の枕であること、そして、枕にとっては最も重要な、お試し期間(返金保証)がついている事が人気の理由でしょう。

枕が合うか合わないかは2週間以上は使ってみないとわかりませんから、その点で、めりーさんの高反発枕は90日も試すことができる点は大きいでしょう。

ただし、ストレートネックの人は、枕だけでなんとかストレートネックを治療、改善しようというのは無理があります。

睡眠中に頸椎に負担がかからない枕を選ぶ事ももちろん大切ですが、それに加えて、日常生活での心がけも重要です。

ストレートネックを改善し、健康な首を作る4つの方法

日常生活の中で頸椎に負担をかけないように意識する事が、ストレートネックを改善する近道です。

では、どのような事に普段心がけていけばよいのか、ここでは4つの方法を紹介しておきます。

1、20分に一度は首を休息させる

どの筋肉も同じなのですが、首の筋肉も酷使し続けないで最低でも20分に1回は休ませてあげないといけません。

同じ筋肉を長時間使い続けると酸素と栄養が行き届かなくなり、疲労物質の乳酸がたまってこりができてしまいます。

パソコン作業や家事で長時間前かがみの姿勢をしていると、首の後ろ側の筋肉が重たい頭を支えようとしてずっと緊張した状態になってしまいます。この緊張を定期的に緩めてあげないといけません。

20分に一度、首を後ろ側に反らして首の後ろ側の筋肉の緊張をほぐしましょう。

手で支えながら、筋肉をマッサージしてあげるとより効果的です。

集中してパソコン作業などをしていると、この20分に1回のほぐしタイムをどうしても忘れてしまうので、タイマーなどをセットしておくのも1つの方法です。

2、頭を真下から支える良い姿勢を常に保つ

首を真下から支えるような良い姿勢を保つことを意識しましょう。頭が体の真上にないと、スイカの重さほどある頭の重さは、頸椎に大きな負担をかけてしまうからです。

背筋をピンと張り、首もスッと伸ばすように意識すると、頭を真下から支える良い姿勢を保てます。

また、片方の肩だけが下がって首周りの筋肉がアンバランスにならないように、いつもバッグを同じ手で持つクセがある人は、意識的に両手で交互に持つようにしないといけません。

綺麗な姿勢を保つのは、立っている時だけでなく、座っている時も同じです。車の運転をしている時なども背筋と首筋を正し、20分に1回は首の後ろ側の筋肉を緊張から解いてあげましょう。

3、うつ向き姿勢を続けない

ストレートネックの改善にはこれも非常に重要なのですが、うつ向き姿勢を長時間続けないようにしないといけません。

スマホ操作はできるだけ顔の高さで行うべきですし、パソコン作業も、ブラインドタッチができない人はキーボードを見てしまう傾向にありますが、できるだけうつ向きにならないよう心がけましょう。

パソコン作業が多い人は、ノートパソコンよりもデスクトップでの作業に変更するだけでも、頸椎への負担は圧倒的に変わります。

4、睡眠中も立った時の理想姿勢で

日中の立っている時の理想的な姿勢をそのままに、寝ている時も頸椎に負担をかけない姿勢を保てるようにしましょう。

そのためには、枕はある程度の高さがあって、頸椎のS字カーブを失わないものにしなければいけませんし、頭が沈みこまないように弾力性も必要です。

そう考えた時に、結果的にめりーさんの高反発枕がその条件を満たしているので、ストレートネックの人にも多く選ばれていると言えるのかもしれませんね。

また、枕だけではなく、敷布団やマットレスも自分の体にあったもの、腰や背中に負荷をかけないものを選らばないといけません。

なぜなら、結局人間の体は1つにつながっていて、どこか1か所でも大きな負荷がかかると、その負荷を逃がそうとして他の箇所も連鎖的に負荷がかかるようになっているからです。

ストレートネックの予防改善のためには、トータルでの全身ケアが大切ですね。

【めりーさんの高反発枕】公式サイトはコチラ>>



コメントを残す