高反発枕『メリーさんの高反発枕』の欠点を言います。

高反発枕めりーさん

今や高反発枕の中ではすっかり有名になった(あくまでもインターネットの買い物に慣れている人の間の話です)めりーさんの高反発枕ですが、あえて欠点を挙げるとしたら1つだけ欠点(というか、これから買う人へのアドバイス)があります。

上の写真は私の自宅のベッドなのですが、めりーさんの高反発枕は体の大きな男性にも小柄な女性にも合うように、低い方と高い方の好きな方を利用できるようになっていて、さらに高さ調整シートも付属しているので、自分好みの高さにセットするぶんには問題はありません。

私は177cmあるのですが、低い方を好んで使うことが多いです^^

ただインターネットのめりーさんの高反発枕の口コミを見ると、もちろん良い口コミもありますが、「めりーさんの高反発枕がステマだ」などいう残念な口コミも散見され、悪い評価をされているところも目にします。

なのでここは、実際に4年以上に渡って『メリーさんの高反発枕』を使用し続けている私達夫婦がそのリアルな評価をしてしまおうと思います。

写真の枕はカバーを外した状態で、枕の大きさが分かるように1歳の娘のSサイズのおむつをおいておきました(^-^;

めりーさんの高反発枕の大きさは寝返りに十分!




まず、めりーさんの高反発枕の大きさに関してですが、男性の中でも大柄な方の私でも余裕をもって寝返りできるくらい、十分な横幅があります。

枕の横幅は50センチで、幅広の枕が好きな私からすれば、個人的には「欲を言えばもう10cmあればベストだなー」とは思うのですが、寝返りには何の問題もないのでこれはまあ許容範囲。

ですが、横幅が70cmや80cmのなが~い枕じゃないとダメ!という方にはめりーさんの高反発枕は合わないと思います。

先ほども言いましたが、1枚高さ1cmの高さ調整シートも4枚もついてきますから、高さ調整に関しては問題ない枕だと思います。

めりーさんの高反発枕は洗えない

めりーさんの高反発枕の1つめのデメリット(あえて挙げるなら)としては、洗えないという点でしょうか?

まあでも、個人的には枕を洗うという発想はあまりありませんでしたし、しっかりとこまめに枕カバーを洗っておけば問題ないと思います。

めりーさんの高反発枕の公式サイトにも、枕カバーを交換すれば大丈夫だと書いてありますしね!

2点目は天日干しができないという点でしょうか?

人によっては、布団と一緒で枕も天日干しにしたいという方もいると思いますが、めりーさんの高反発枕を天日干しにすると痛んでしまう可能性もあるので、天日干しは避けて、風通しの良い場所で陰干しをすることが推奨されています。

そもそも、天日干しでは布団のダニは死なない事がもう科学的に発表されていますし、本来は天日干しってあまり意味がないんですよね(^-^;

さらに、めりーさんの高反発枕はウレタンフォームですから、羽毛や木綿や羊毛と違ってダニや害虫がすみつく事はほとんどないので、天日干しにこだわる必要もなさそうですね。


めりーさんの高反発枕を購入する際のアドバイス

結論として、4年以上使用して私達夫婦(妻は身長156cm)としては、めりーさんの高反発枕に対する不満は特にありません。

むしろ質が良いのでずっと使い続けているわけです。

ですが、あえて1つだけこれからめりーさんの高反発枕を購入する人に向けたアドバイスができるとしたら、どうせなら高反発マットレスと一緒に使用した方が良い、ということですね!

睡眠の質を高めたり、肩こりや首こりを改善するために枕にこだわったんだったら、マットレスも同じく高反発素材にしてこだわるべきです。

その方がうんと体が楽になるからです。

高反発マットレスを使用すると、高反発枕を使用するのと同じメリットが受けられますから、全身をいたわる意味でも高反発マットレスはおすすめします。

めりーさんの高反発枕と同じ会社が、同素材の高反発マットレス『モットン』を出しているので、個人的にはそれがおすすめですね。

冒頭の写真に写っているのもモットンですね^^


コメントを残す